レーザー手術の麻酔

レーザー手術の麻酔

当クリニックで行っている下肢静脈瘤のレーザー手術の麻酔は、静脈麻酔(軽い全身麻酔)と局所麻酔を組み合わせた「眠っているうちに手術が終わり、手術後の痛みの少ない麻酔」です。

レーザー手術は足に注射する局所麻酔だけで行うこともでき、局所麻酔のみで行っている施設もあります。しかし、局所麻酔だけの場合、下肢静脈瘤は麻酔の注入量が多いので、麻酔の注射の痛みがあります。また、手術中の緊張感、恐怖感を全く無くすことはできません。緊張していると、血圧は上がり、脈は速くなり、全身の筋肉に力が入ってしまい、体の負担は大きくなります。そこで、静脈麻酔も追加して、眠っている状態のうちに手術を行っています。この方が楽に手術を受けることができ、局所麻酔だけの手術より、体の負担は少ないと考えています。実際、以前に下肢静脈瘤の手術を院長が局所麻酔だけで行い、その後反対側の足の静脈瘤が悪くなり静脈麻酔を使って手術を行った方は何人かいらっしゃいますが、全ての方が眠っていた方が楽だとおっしゃいます。静脈麻酔は、全身麻酔の範疇に入り、体の負担が大きいのではないか、目が覚めなくなるのではと不安になるかもしれませんが、そのような心配はありません。