下肢静脈瘤のレーザー日帰り手術

大宮セントラルクリニックでは、下肢静脈瘤のレーザー手術とストリッピング手術を、健康保険適用で、すべて日帰り(外来手術)で行っています。
できるだけ体の負担の少ない手術法・麻酔法で行うことにより、手術後はすぐに自宅に帰り、より早く元の生活に戻ることができます。
「こわくない、喜ばれる手術」が当院のモットーです。

漫画でわかる!「下肢静脈瘤」の日帰り手術!」を制作しました。初診〜手術〜術後診断まで漫画で分かりやすく解説しています。ぜひご覧ください。

漫画でわかる!下肢静脈瘤の日帰り手術
スタッフ直伝♡動画で簡単!弾性ストッキング はき方のコツ

最新の健康保険適用レーザー「ELVeS1470」は手術後の痛みが激減しました。
下肢静脈瘤の血管内レーザー手術は、2011年1月より健康保険が適用されるようになり、当クリニックもその時から保険診療のレーザー手術を行ってきました。保険診療となるのは、「ELVeS 980」というレーザー機器を使用した時のみで、それ以外の機種で治療した時は自費診療になりました。「ELVeS 980」は波長980nmのレーザーを照射しますが、自費診療で用いられる1320nm、1470nm、2000nmの波長のレーザーと比べ、手術後の痛みが強いという問題点がありました。そのため、手術後の痛みをより少なくしたい方はストリッピング手術や自費診療のレーザーを選択していました。
今回2014年5月より、波長1470nmの「ELVeS 1470」と「Radial 2 ringファイバー」が保険診療で使えるようになり、従来の自費診療レーザーと同等以上に手術後の痛みが少なくなりました。今まで当クリニックで行ってきたDiotech社の1470nmレーザーを用いた自費診療は終了として、これからのレーザー手術は「ELVeS 1470」の保険診療のみで行っていきます。

下肢静脈瘤の診察・手術 担当医師

担当医師
髙島 格 医師
髙島 格 医師
プロフィール
惠木 康壮 医師
惠木 康壮 医師
プロフィール
市野瀬 剛 医師
市野瀬 剛 医師
プロフィール
多賀 誠 医師
多賀 誠 医師
プロフィール
米倉 孝治 医師
米倉 孝治 医師
プロフィール
山本 崇 医師
山本 崇 医師
プロフィール

下肢静脈瘤の日帰り手術予約状況

日帰り手術の予定は12月16日(土)以降となります。(12月13日現在)

下肢静脈瘤

下肢静脈瘤は、治したいと思っていても、「手術はこわい」、「忙しくて手術を受ける時間がない」とそのままにしていることが多い病気です。大宮セントラルクリニックでは、手術をできるだけこわくなく、体の負担を少なく行っています。

アクセス


大きな地図で見る

大宮駅西口から徒歩5分

〒330-0854
埼玉県さいたま市大宮区
桜木町1-9-18 大宮三貴ビル3F

診療日カレンダー

午前休 午後休 終日休

診療時間

診療時間 表

048-649-0118